2009年02月26日

ウラ声で喉を解放〜「そばかす」

 
「そばかす」でYukiのキュートな歌を盛り上げているのが、男性陣のファルセット。これ歌の練習にオススメ。

歌で重要なのは「喉を開くこと」「ブレスを有効に使うこと」といわれています。これを会得するのに、口笛とファルセットは有効な練習方法ではないでしょうか。

posted by 黒パン at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

オフコースが好きになったきっかけ〜「君が、嘘を、ついた」

 いまだに根強い人気を誇るオフコース。昨年末gooのランキングだったと思いますが、再結成して欲しいバンド・グループランキングの2位でした(1位はBOOWY)。
オフ・コースにはあまり興味がなかったのですが、「君が、嘘を、ついた」がきっかけで好きになりました。刺激的なタイトル、刺激的なイントロ……に「へぇー、オフ・コースってけっこうロック色の強い曲をやるんだ」と感心したのでした。

添付の音源はそのイントロです。終わりの方の3連符みたいな16分音符が苦手(バタバタとあせってしまいます)。

posted by 黒パン at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

小指を鍛える(8)


小指を鍛えるためのトレーニング:パターン(8)は、「きょうの料理」で用いられる音を利用したものです。

ハイポジションは、フレット間の距離が短いので弾きづらいですね。。。(^^;
ポジションは次のとおりです。

1弦|------------12---15--17--19-20-
2弦|-------------13--15------------
3弦|------------12-----------------

posted by 黒パン at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 奏法,練習法とか… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

マイケル握りでヴァン・ヘイレン!?

 
このブログでは、ティアドロップ型のピックを変則的に持つことを「マイケル握り」と呼んでいます。尖った角(かど)ではなく、丸っこい角で弾くのです。
この握りでコードを弾くと、ヴァン・ヘイレンのようなサウンドになります。

はじくというより擦るようにコードを鳴らすと、フェイズなどエフェクターをかけている効果を得ることができます。ピックが弦に触れている時間が長くなるからでしょう。

posted by 黒パン at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 奏法,練習法とか… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

口笛で歌の練習〜「Yes-No」



「Yes-No」は、オフ・コースらしい甘いラブソング。

シンプルなコード進行が光る傑作です。つまり、Fmaj7→G→Em7→Amの4つのコードを繰り返すことで、高鳴る胸のうちを効果的に表現しています。


自宅練習では、イントロのシンセの代わりに口笛を吹いています。これ、歌の練習にもなります。口笛は喉を解放するし、ロングトーンは息づかいの訓練にもなるからです。
posted by 黒パン at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

手ごろなVo練習曲〜“Walk Away”

“Walk Away”は、ジョー・ウォルシュがイーグルス加入前に率いていたジェームズ・ギャングのスマッシュヒットです。シンプルで骨太なサウンドが特徴。

歌の練習曲としてオススメです。(サビに「ア」「オ」の音を持ってくる曲が多い中)「イ」の発音を鍛えることができます。そして伸ばせばブレスを鍛えることもできます。

posted by 黒パン at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

シンコペが効果的〜“Rip It Out”

1978年、キッスのメンバーは、4人同時に“ソロアルバム”を発表しました。
“Rip It Out”は、エース・フレーリーのソロアルバムの冒頭を飾る作品。Gtだけでなく、Voも担当しています。

間奏の前にドラムソロがあるのが珍しい。しかも途中に全員が参加しての“シンコペーション大会”があります。このシンコペ偶数番目は“裏拍”から入るという凝ったもの。

私も「参加」してみました↓
ピッタリ合わせたつもりですが、つっこみ気味ですね。。。(^^;

posted by 黒パン at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

変則チューニング デビュー!?〜“Shot in the Dark”(1)

 
“Shot in the Dark”は「変則チューニング」で演奏するのだとか。ダウンチューニングを除けば、変則チューニングは初めての経験です。
変則チューニングといってもそんなに複雑なものではなく、5弦と6弦をそれぞれ1音(2フレット分)下げるというもの。それに“Into the Arena”ほど守備範囲が広くないので、私でも何とかなりそう。

とはいえ、あの独特な雰囲気を出すのは難しいです。イントロだけでも、3ヵ月くらいかかりました。曲全体を弾けるのはいつのことやら。

posted by 黒パン at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

間奏は地味?〜「愛のバクダン」

 
この曲、松本孝弘にしては、ギターソロも控えめ。
これは、間奏がメインリフに載せて展開するからでしょう。これがブリッジやサビの部分まで伸びるのであれば、もっとハデハデになったことでしょう。

私の場合、曲のイメージから複音主体で間奏を組み立てています。

posted by 黒パン at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

送り出しでスパイラル完成!?〜「愛のバクダン」(5)

 
音楽用語・ギョーカイ用語に“送り出し”という言葉があるかどうか分かりません。サビで盛り上がった後にクールダウンして次のコーラスに備えることがあります。それは、主客を送り出した後で次の客(コーラス)を迎える準備をする感じがします。

「愛のバクダン」もサビの盛り上がりからメインリフ、そして2ndコーラスのヒラ歌にスムーズに戻るのに、この送り出しが貢献しています。

posted by 黒パン at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

盛り上がるサビ〜「愛のバクダン」(4)

 
いよいよサビの部分。演奏も歌も盛り上がるとこです。
原曲のギターはコード弾きですが、私は、弦1本でリフっぽく弾いています。最後の「ラララララー」がせっかちになるのが欠点。。。(^^;

歌はというと、ブレス(息継ぎ)が大変。かといって「オーオー」だけ他の人の合いの手にゆだねるのも奇妙だし……。

posted by 黒パン at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

ブリッジからメッセージをつかめ!〜「愛のバクダン」(3)

 
「愛のバクダン」の歌は、Aメロ、ブリッジ、サビ、送り出し(?)の4つのパートからなりたっています。

この曲のブリッジは、派手なサビに備えて地味な仕上がりになってます。が、歌詞はなかなか練り上げられた内容になってます。「君なら世の中を変えられる」的なアプローチ。


posted by 黒パン at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。