2008年12月09日

巧みなクロマティック〜「そばかす」

「そばかす」のヒラ歌(Aメロ)部分。
巧みなコード進行が光ります;
A→Aaug→D→F→C#m7→F#m→D→E

特に出だしの“A→Aaug→D”で
半音ずつ上昇するのが、粋な感じでおしゃれ。

posted by 黒パン at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

カバーで知る原曲の魅力〜「冬の散歩道」

本格的な冬の到来です。この季節にピッタリなのが「冬の散歩道」
アコギながら躍動感にあふれるリフが、吹き溜まりでクルクル舞う落ち葉のよう。でも、その魅力に気づいたのは、最近です。

ラジオから流れるバングルズの「冬の散歩道」を聞いた時、私は「やられた!」と思いました。この曲のロックンロールとしての魅力に気づかなかった自分が情けなかったのです。
S&G(サイモンとガーファンクル)というと、アコギなのでフォークというイメージで凝り固まっていましたが、テンションに満ちたこの曲は、十分にロックンロールしているではないですか。

なお、使う音ですが、「tab A Hazy Shade of Winter」と検索にかければ、タブ譜をゲットできます。そちらを参照してください。

posted by 黒パン at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

冷静な自己分析?〜「ジェラス・ガイ (Jealous Guy) 」



明日は、ジョンの命日です。鎮魂歌として“In My Life”“Imagine”・・・が世界各地で歌われることでしょう。

私自身は、“Jealous Guy”を捧げます。
透明な心で自分の屈折した性格を冷静に見つめるジョン。まさに「ジョンの魂」を感じます。

この曲の魅力を再認識したのは、ロキシー・ミュージック (Roxy Music)によるカバーでした。しみじみとした口笛に感動。

Roxy MusicRoxy Music『Jealous Guy (Live)』

posted by 黒パン at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

揺らして悩殺!?〜「あゝ無情」

 
「あゝ無情」は、アン・ルイスの代表曲。セクシーな魅力を思う存分振りまいており、追随を許さないオンリーワンの世界です。
この曲のイントロは、複音のヴィヴラートが印象的。揺らすことで気まぐれな女心を巧みに表現しています。

私がこの曲を弾くとき、原曲と違って、上から下へと下がって、かつEで終わり、歌のEmへとつないでおります。
同じルートでメジャーからマイナーに移行するのは、おしゃれなJ-POPの常套手段です。。。(^^;

posted by 黒パン at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

ロック歌謡?〜「夏のお嬢さん」

 

1970年代後半になると、ロックの影響が歌謡曲・演歌にも表れます。
特に、エッジの効いたエレキギターが多用されるようになりました。

榊原郁恵(さかきばら・いくえ)「夏のお嬢さん」も好例。
オブリガートがガンガン入ってきます。

イントロだけですが、私も弾いてみました(添付ファイル)。
原曲は、チョーキングがビシッと決まっています。リズムの悪い私が弾くと、モタモタして聞こえますね。。。(^^;

短いイントロです。今にして思えば、もっと長く弾いてもいいのではないでしょうか。

posted by 黒パン at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

裏拍が絶妙のカッティング〜「さくらんぼ」

 
「さくらんぼ」は、裏拍が効果的に用いられた名曲です。
特に印象的なのが、ヒラ歌部分のギターの伴奏(添付ファイル参照)。

やってみると分かるのですが、粒を揃えるのが大変です。
原曲の演奏は“コピペ”でなく、一つ一つ演奏しているのでしょうか。だとすれば、大したものです。

私が使う音は次の通りです。2弦の15フレットは小指を使い、小指のトレーニングを兼ねています。

1弦|------------------------
2弦|------------12---15---------
3弦|------------12------------
4弦|------------12------------
5弦|----------10--------------
6弦|------------------------

posted by 黒パン at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

絶妙のリフに三振!?〜「タッチ」

「タッチ」といえば、同名アニメの主題歌。岩崎良美の名を不動にした名曲ですね。J-POPの金字塔といってもよい。
 
スポーツアニメの主題歌らしく、軽快なリズムが印象的です。それを象徴するのが、イントロのギターによるリフ。でも、これをビシッと決めるのはけっこう難しくないですか。
 
3回あるのですが、同じように聞こえて、実はそれぞれ微妙に変化して行く・・・(添付ファイル参照)。
あたかも、同じ直球のようで1球ごとに微妙に変化して、打者は三振に打ち取られる――そんなシーンのよう。

音の構成をマスターするのも難しいですが、それ以上に難しいのが力の入れ具合。強く弾くとうるさい感じがするし、かといって弱く弾くと音像がぼやけてしまいます。
それこそ絶妙な“タッチ”が必要。。。(^^;

posted by 黒パン at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。