2013年04月11日

ディマジオDP-102 vs ダンカンSH-6

DP-102(パワ―ブラス)は、ディマジオ最大のパワーを誇ります。特に重低音にはシビれます。
しかし、その分“大味(おおあじ)”な印象をぬぐえないのが欠点。音の立ち上がり、コード(和音)の濁り…もしかしたらリア(ブリッジ側)には向いていないのかもしれません。

そこで、メタラーに人気の高いセイモアダンカン SH-6(Distortion)に換えてみました。

やはり思ったとおりです。パワーは劣りますが、音像がハッキリするようになりました。

添付のMP3は、比較のための音源です。前半がディマジオで、後半がダンカンです。
posted by 黒パン at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | インプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354871572
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。