2009年11月04日

ミュート音がセクシーなセイモア・ダンカン SHR-1

ウェットなサウンドが魅力のSeymour Duncan SHR-1。5弦開放のミュート音がセクシーです。
“Shot in the Dark”“I Don't Know”“Flying High Again”に5弦の開放を使う部分がありますので、聞いてみてください。
5弦は、それぞれ「Bb」「A」「Ab」とチューニングが異なります。サウンドの印象も異なりますね。
posted by 黒パン at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | インプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。