2009年09月20日

胸高鳴るメインリフ〜“Into the Arena”



マイケル・シェンカーによる不朽(ふきゅう)の名作で、インスト曲の超大作“Into the Arena”

全く無駄のない見事な構成です。冒頭のメインリフはアリーナ(闘技場)での闘いの到来を告げるかのよう。
3連符の強弱をつけることはもちろん、リフとコード弾きの音量バランスをとるために、ピックの握りと角度を工夫しました。
posted by 黒パン at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ここが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。