2009年04月06日

小指を鍛える(9)

小指を鍛えるためのトレーニング:パターン(9)は、単純。半音ずつ下がるだけです。
思うに、ギターという楽器の特質でしょうか、上昇フレーズより下降フレーズの方が難しい。上昇の際は指を“重ねる”だけですが、下降の際は離した指が次の音を邪魔してしまうからです。それを強化するフレーズを考えました。
添付の音源は、レスポールの19フレットから始めて、小指→薬指→中指→人差し指と下がっています。小指と薬指は腱(筋?)がくっついているのでキチンと音を区切るのが苦しいですね。。。(^^;

レスポールはHR/HMにピッタリのギターですが、ハイポジションでのプレイが難しいのが難点。(その点を改善したダブルカッタウェイ型もありますが)。今は19フレットから始めてますが、最終的にはトップの22フレットを極めたいと思います。

posted by 黒パン at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 奏法,練習法とか… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116940158
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。