2008年12月21日

炸裂する怪鳥音の秘密は?〜ランディ・ローズ

ランディ・ローズのサウンドの特徴にあの「キョエーッ!」という感じのピッキングハーモニクス(倍音)があります。怪獣の叫び声を彷彿させる衝撃的なサウンド。私は、これを個人的に“怪鳥音”と呼んでいます。

添付のファイルの初めと終わりの部分で聞くことができます。
しかし、いったいどうすれば、この高くて強烈な音が出せるのでしょうか。映像で見ると、位置としては2フレットか3フレット。音的には、2弦だと音が細くなるので、3弦だと思います。
このポジションで、この高さ!!
いったい何倍音なのでしょうか。

ところで、ギブソンが“次世代ギター”を発売するそうです。外見は従来のレスポールと同じですが、「変化自在のサウンドを生み出す“カメレオン・トーン”」などを搭載とか。
ランディは、怪鳥音を主にレスポールで出していますが、新ギターには怪鳥音がプログラムされているのでしょうか。

なお、YouTubeで「Randy_Rhoads_-_Texas_Soundcheck」を検索すれば、この音と映像をチェックすることができます。ただし、逆光のため演奏方法を見ることはできません。。。(^^;

posted by 黒パン at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。