2008年11月19日

チビながらヘヴィーなギターアンプ〜Marshall MG10CD

チビながらヘヴィー〜Marshall 18日 DSCF4552.JPG写真は、Marshall MG10CD です。小さいアンプですが、けっこうヘヴィーな音が出ます。

出力10W、スピーカーのサイズ10cmと数字を挙げれば、おもちゃのような印象を持ちますが、どうしてどうして“危ない”音が…。
これには、キャビネットが功を奏しているようです。密閉型なので“箱鳴り”がすごい!!

録音したので添付の音源を聞いてください。ICレコーダーのせいで低音が痩せてしまったのが残念ですが、それでも“危ない”音であることは想像できると思います。
前半が大きな音量、小さな音量。小さい方が、かえってダークでウェットな雰囲気が広がります。

ただ、歪み過ぎ。困ったものです。。。(^^;

データ;
アンプ設定: GAIN:3 VOL:3(後半VOL:2弱) TONE:0
マイク・録音機:SONY ICレコーダー ICD-SX67
ギター:バッカス BLS-59(ピックアップはDimarzio for IBANEZE)
エフェクター:無し

posted by 黒パン at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | インプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。