2008年10月02日

楽しいアルペジオ

アルペジオを弾くのは、楽しいと思いませんか。
アルペジオ(アルペッジョArpeggio)とは、分散和音のことです。コードカッティングとメロディ(リード)との中間的な役割を演じてくれます。歌を盛り上げるのよし(オブリガート?)、ソロに煮詰まった時の急場しのぎによし……。
コードを分解するだけでも、趣(おもむき)が出ますが、経過音・装飾音を混ぜると、おしゃれに響きます。

サンプル音源のコード進行は;
D→A→Bm→F#m→G→Gm→D→D7……です。

ところどころ半音を混ぜてアレンジしてみました。
Gに移る前に、経過音として4弦の4フレット、つまりF#(Gにとっては、major7thです)から5フレットにスライドするところが気に入ってます。


posted by 黒パン at 14:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 奏法,練習法とか… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カキコありがとうございました(^.^)
私の場合、アルペジオは決まって指弾きで、ピック弾きになると超下手くそになってしまいます(笑)
コピーしても指弾きだとオリジナルと音色が違うので、イマイチな感じになってしまいます…。
Posted by いわやん at 2008年10月02日 17:28
いわやん様

ご丁寧にありがとうございました。

アルペジオには、いろいろな流儀があるようです。
この前“Burn”のアルペジオをスウィープで弾いている人を見ました。
私のようにオルタネイトでしつけられた世代には、真似できないワザです。
Posted by 黒パン at 2008年10月04日 19:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107466493

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。