2008年09月19日

危機管理能力

危機管理といっても、政治の話ではなく、音楽のこと。ピンチをいかに回避するかの問題です。

“Armed And Ready”は、有名な曲で、よくセッションで取り上げられますが、構成が一様ではなく、少しずつ変化します。
ブレイクの長さ,シンコペーションの有無……などがコーラスによって異なるので、だれかがミスをすることも。
私も経験があります。私は進行を止めたのですが、そのまま続ければよかったと後悔してます。

じゃ、どうすれば危機管理能力は身に付くのでしょうか。それは、「間違えても止めない」ことかもしれません。
ふだんの練習でも、間違えることがあると思います。1番と2番の歌詞を混ぜてしまうとか……
そのまま通してしまいましょう。もちろん、あとでその箇所は重点的にやり直します。

ミスをすると怒る人がいますが、「そう来たか。ならば、これでどうだ」とかわすくらいの余裕が欲しいですね。(自戒の念を込めて)
posted by 黒パン at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106829396

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。